沖縄の食堂で間違いなく注文できるメニュー辞典[令和2年3月更新]

沖縄の焼きそば沖縄ライフ
この記事は約4分で読めます。

沖縄には ウチナーンチュの胃袋を満足させる大衆食堂が至る所にあり、沖縄特有のメニューを味わうのも醍醐味ですが、沖縄を訪れた方にとっては困ったことが。。それはメニューの名前からどんな料理か分からないこと(笑)!

食堂でも迷わず注文できるためのメニューをまとめてみました。

ジンべえ
ジンべえ

沖縄の食堂に行ったらぜひ使ってみてね!

この記事を読むと。。。
  • 沖縄の食堂のメニューがお店の人に聞かなくても注文できるようになります
  • 食材や調理法も分かる限り翻訳しているので、覚えることで応用も効きます

沖縄の食堂のメニュー辞書(調理法編)

メニュー名料理法
チャンプルー炒め物チャンプルーは本来「混ぜる」という意味ですが、いろいろな食材を油で炒めてかき混ぜたもの
イリチー炒め物 「~炒め」 。チャンプルーより食材の数が少なめなイメージ
ウブシー蒸し物ヘチマ(ナーベーラー)や冬瓜(シブイ)などの瓜類を中心に、材料から出る水分を使って蒸した料理です
ヤーチー焼き物「~焼き」と同じイメージです
アンダギー油揚げ「サーターアンダギー」、実は、サーター(砂糖)のアンダギー(油揚げ)って意味です。カロリー高すぎ!

沖縄の食堂のメニュー辞書(材料編)

メニュー名材料
チーいきなりインパクト大きいですか?豚やヤギの「血」そのものです
ゴーヤー苦瓜有名なので説明不要でしたね
ナーベーラーへちまえ?タワシ食べるの?って言わないで。まだ実が青いうちに収穫して食します
パパヤーパパイヤ果物?いやいや、沖縄では立派な野菜の一つ。さっぱりしててシャキシャキで美味しいですよ
ソーキぶにスペアリブ「ソーキそば」のソーキは豚のリブの部分のこと。船の形に似ているのが由来です
タマナー(玉菜)キャベツ言われてみると、分かるかも
マーミナー(豆菜)もやし↑同じく
すばそば「~すば」という食堂は沖縄そば屋さんのことです
ソーミンそうめん澄まし汁に入っていたり、チャンプルーの材料だったり

調理法と材料を組み合わせるとだいたいのメニューが想像できる

材料+調理法で、どんなメニューなのか想像できると思います。

例えば、「マーミナーチャンプルー」は、「キャベツの炒め物(チャンプルー)」という感じです。

そして、あまりメニューでは見かけないのですが気になると思います。

「チーイリチー」はこちら。

沖縄の食堂のメニュー辞書(他地域と違うメニュー)

沖縄以外の地域にもある名前なのに全く異なるものや、沖縄独自のメニューをまとめてみました。

メニュー名沖縄のメニューの特徴
焼きそばソース焼きそばより、塩味の確率が高いです。昔ながらの食堂ではケチャップで味付けされた焼きそばもあります!
チャンポン長崎ちゃんぽんは麺ですが、沖縄のちゃんぽんはごはんの上にお店によってちがう野菜炒めなどをトッピングしたものです
おかず野菜炒め、ごはん、小さい味噌汁がセットになった定食メニューです。単品と思って味噌汁とライスを別に頼まないように注意!
味噌汁ごはんと漬物、大きいどんぶりに入った具沢山の味噌汁の定食メニューです。単品と思って「おかず」を別に頼まないように注意(笑)
煮付けごはんと漬物、大きめの豆腐や昆布、ソーキやテビチなどが煮込まれたボリュームたっぷりの定食メニューです。単品と思って(以下略)
すき焼き牛肉、沖縄の豆腐、しらたき、野菜と生卵を甘く煮込んだ定食で、リーズナブルなメニューです。
Aランチハンバーグやフライ、ウインナー、トンカツや卵焼きなどがセットになった定食。ランチ界ではブルジョワ階級のメニューです
BランチAランチから何かが差っ引かれた中級階級のためのメニュー
魚のバター焼き定食ステーキ皿にバターとニンニクをたっぷり使った魚まるごと一尾の焼き魚の定食です。魚の種類は仕入れにより変わります。
ジンべえ
ジンべえ

「おかずと味噌汁とライスを注文したら、野菜炒めに大小の味噌汁、ごはんが3杯出された」というのは有名な沖縄あるあるだね(笑)!

まとめ

いかがでしたか?これであなたも沖縄の食堂で迷わず注文することができますね!

見出し
  • 材料の意味と調理法を知れば、大概のメニューは攻略可能
  • 同じメニュー名でもまったく違うものがあるので注意
タイトルとURLをコピーしました